ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

おしまいのデート。

おしまいのデート

おしまいのデート

以前買った雑誌で紹介されていて、瀬尾さんの新刊かー読んでみたいなーとその時は思っていたのだけどそれっきりになっていたので、今回久しぶりの図書館で借りてみました。

2話目の「ランクアップ丼」がいちばん好きかな。隣のクラスの担任におごってもらった玉子丼から始まった主人公のお話。

私は中学3年時の担任に「介護とか向いていると思うよ」と言われて、地元にあった高校の介護科になんとなく入って、そのまま介護の仕事しか知らない人生を歩んできた。今となってはあの時の進路は間違いじゃなかった、と言えるかもしれない。その職場の雰囲気とか人間関係がどうこうってことはあっても、仕事自体は好きだし。

自分の人生、どこで決まるか分からないものだ。