ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

震災から2年。

今日は午後から支援センターに行っていたのだけど、2時46分までにはうちに戻ってひとり黙祷。娘っこはおとなしくたまごボーロを食べておりました。

震災の記憶と娘っこは私の中ではセット。まだ世の中が計画停電などでざわざわしている時に胚移植をしたので。「こういう時だから、どうしますか?」と聞かれて、もしあの時に胚移植を延期していたら、娘は私のお腹に着床していただろうか。そればかりは今となっては分からないけど、あの時に思い切って胚移植してもらってよかったんだと、今は思います。

たくさんの小さな命がなくなってしまったから、赤ちゃんを産める人は産まないと、神様がそう言っているのだ、とある人に言われたことがあります。不妊治療していた中で、このタイミングで妊娠できたのだ、産まないといけない、と思いました。娘には、これからも元気に成長してもらいたいです。

移植した時は小さなタマゴだったのにね、今や10kgを超える幼児ですよ・・・。