ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

うさぎパン。よつばと!。

うさぎパン (ダ・ヴィンチブックス)

うさぎパン (ダ・ヴィンチブックス)

かわいいタイトルだなーと思って。私はタイトルで読む本を決めている節がある。読んでみようと思うきっかけって、人それぞれですよね。

高校生の主人公。うちには義理の母、家庭教師の大学生。パンが好きという話題で仲良くなった男の子とパン屋巡り。家庭教師の姿を通して現れた実の母。こんな風に書くと、なんだか「?」だけど、読むと実にシンプル。あっさり読めたけど、なんだかちょっとほっこりするような。

最近私は本に登場する食べ物が食べたくなる傾向にあります。豆とかパンとか。単純。

よつばと! 12 (電撃コミックス)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

よつば最新刊。相変わらず、とうちゃんの心の広さったらないね!ひとりでペンキの缶を開けてテーブルを塗ったり自分もペンキまみれになっている子供を見つけても、とうちゃんみたいに笑い飛ばすようような心の広さを私は持ち合わせていないよ。がつんと怒る時は怒る、こうなるからこれはやっちゃダメだと説明する、そんなとうちゃんみたいな人、世の中にいるかなぁ。ぜひともいてほしいとも思うし、自分もそうでありたいけど、今のところむーりー。

キャンプにはいつか行きたい。私も小学生の頃は毎年家族で行っていたから。最後は父親と弟と3人で行っていた気がするけど。ちゃんとハンゴウでご飯炊いたりしてさ。テントも寝袋もあったなぁ。夫はそういう思い出がないらしく憧れを抱いているらしい。秋田の実家のすぐ近くにはキャンプ場があるし、キャンプじゃなくても、うちの庭でもいいからバーベキューくらいしたいなぁと密かに思っている。