読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

俺だって子供だ!

俺だって子供だ! (文春文庫)

俺だって子供だ! (文春文庫)

今話題の朝ドラあまちゃんでもおなじみ?クドカンさんの育児エッセイ。娘のかんぱちゃん(本名ではないですよ)が生まれてから3歳までの記録。

まぁ、多々「分かる分かる」と思える部分が多くて。あと、思わずふふふと声が出てしまう面白さ。奥さんがオリジナルの育児ソングを歌うとか(私も気がつけば歌っている)、「うちの子離乳食食べなくて」という悩みが分からないと書かれちゃうくらい食欲旺盛なところとか、ゆえに丸くて大人になったら痩せるんだよね?と心配になっちゃうところとか、うちの娘と同じ!(笑) かんぱちゃんはちい散歩がお気に入りだったようですが、うちは天気予報がお気に入りです。夜7時前の天気予報の時間は、娘に「ほら、そらじろうだよ」(別にそらじろうでなくても天気予報なら何でもいい)とテレビに食いつかせておいて、その間にお風呂を洗います。じゃないと浴室のドアをガンガン叩く。

「泣く」「転ぶ」「食べる」と子供の問題が多かったことに加えて、徐々に「殴る」「蹴る」「乗っかる」という直接的な攻撃が始まる、という辺りにも大いに頷いた。今、我が子はここか、と。

いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

そしてクドカンも衝撃を受けたこの絵本。うちにもあるのです。確かに衝撃的な結末。それで終わりなの!?みたいな。最近やけに娘っこがこの本を持ってくるようになりました。まだ内容分かっていないのになぜだろうか(笑える内容じゃないのに笑ってるよ)。

かんぱちゃんがだんだんおしゃべりが上手になっていくのを見ていると、娘っこも3歳くらいにはちゃんと会話をするようになるのかなぁ・・・とちょっと未来のことを思ったり。うちも早く娘と会話したい!

◇◇◇

そう言えば、クドカンの奥さんって振付師なんだー、どんな人なのかしら?と思って検索してビックリ。「みいつけた!」のイスのおうえんだんの振り付けしている人なのねー。あれって、作詞がクドカン、作曲が源ちゃん、そして踊っているのはかんぱちゃんが大好きな石鹸(三宅さん)なんだよね。そういう繋がりなのねぇ!とひとりで頷きました。なんかすっきりした。