ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

体験保育、子育てカフェ。

17日。歩いて5分ほどの保育園の1歳児体験保育に行ってきました。うちは来月で2歳だけど、同じ日に体験に来たもう1組の子はもう誕生日が過ぎて2歳になっていました。そして身体も大きく、お話も上手な女の子でした。

最初に園の特徴などを説明してもらい、その後園内を案内してもらいました。市内で最初に建てられたというこの保育園。平屋建てで園庭が広い!(運動会も園庭で行えるくらい) 思わず自分が通った保育園を思い出しました。耐震のための工事などは行っているけど、それでも新しい保育園に比べたら作りが古い。でも広い園庭と敷地内にある畑など、自然を十分に感じられるところがよくて希望される方が多いようでした。

娘っこは1歳児クラスの子どもたちと一緒に園庭で遊んできました。他の子のところに走って行って勝手に仲間に入り込んだり、砂場で思う存分砂にまみれたり。私から離れても平気だったのでよかった。先生からは「一応目は離さないようにしてください。でも無理にお母さんから離さなくてもいいですからね」と言われていたので、着かず離れずの距離で観察。もうひとりの体験の子は活発にみんなと遊んでいたけど、娘っこは結構ひとりで砂をいじっている感じでした。先生も「もう少し大きくならないと”みんなと遊ぶ”というのは難しい。ひとりで遊びに夢中になるのも必要ですよ」と言ってくれたので安心しました。月齢も違うし個人差もあるから、どの子もみんな違いますよと言ってもらえると、親としてはすごく安心しますね。

11時前に教室に戻り、おむつを取り替えたり給食の支度をしたり。この日の給食は、パンとスープ、ヒレカツとお浸しでした。娘っこはいつも通りに両手にパンを持ってガツガツ。これ1個食べたらそれだけでお腹いっぱいだよ?というくらい大きかったので、少し私がもらいました(あとで、お母さんたちも味見程度に食べてねと言われて納得)。一緒に体験の子は「おいしいねー」と言いながら食べてて可愛かった(うちは、美味しい?と聞いても無言でむしゃむしゃ食べてた・・・)。

食べ終わったら「もう私眠いですけど」な顔に。給食代を支払って、体験は終了。機嫌よくみんなに手を振って園を出ました。誕生会などの予定表ももらえたし、何よりいつも道路沿いからちらっとしか見えなかった園庭や園内を知ることができてよかったです。こんな体験ができると分かると、以前もう定員に達していて行けなかった保育園の体験保育、惜しいことしたなぁ・・・という気持ちになります。

◇◇◇

18日。市内にある子育てカフェモグモグへ。前々から気になっていたところで、やっと行くことができました。11時頃着いたのだけど、娘っこはすでにちょっと眠い顔。でもそこは食いしん坊、ちゃんとご飯が出てくるまで起きていました。子供のランチは150円、大人は550円。まずは子供ランチから。子供がだいたい食べ終わった頃に大人のが出てきました(食べ終わった子供は目の届くスペースで自由に遊び、スタッフさんも見ていてくれました)。娘っこは自分のを早々に食べ終え、「それ遊んでおいで」とイスから下ろしたのだけど眠くてフラフラ。仕方ないのでイスに座って絵本を見ていてもらいました(相当眠かったらしく、私のご飯にも手を出してこなかった)。550円でこのボリューム!?というくらい、量が多くて本当にお腹いっぱい。子供が遊べて、ご飯も美味しく頂けるので、これはまた行きたい!と思いました。ついでに、誕生日に買おうかどうか迷っているロディさんが2つあったので娘っこを乗せてみた。眠かったのもあってあんまり反応はなかったけど・・・。でもみんな楽しそうだったなぁ。