ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

保育園見学。

体験保育を経験した後、違う保育園も覗きに行こうと思い、2ヶ所見学に行ってきました。

最初に行ったのはうちから徒歩5分ほど。スーパーに行く時に通りかかるところなので、お庭で遊んでいたり散歩に行くのを見かけたりすることがありました。見学に来ていたのは私以外にも3人ほどいて、みなさん抱っこ紐の小さな子を連れていました。案内してくれた方は看護師さん。2階建てで床暖房もあるそうな。ちょうど私たちと入れ違いで大きい子たちが散歩に出たので、園内は比較的静かでした。1歳児室に案内されると、娘っこは興奮気味でわーっと走りだし、おもちゃを持ったり周りをじーっと見たり。部屋を出る時には大泣き状態(たぶん遊びたかったのだと思う)。ずるずると引きずるようにしてその場を離れました・・・。園庭は狭いけど一応あって、その日は緑のカーテンを撤去中でした。
たぶんうちから通うには一番ラクなところなのだけど、この日一番印象に残ったのは、案内する人の段取りがイマイチ・・・ということでした(笑) 見学する人が何人来るというのは分かっているはずなのに、全員揃ってから案内するのではく、先に来た人は先に案内してて、私は早く着いたにもかかわらず途中から話を聞く形になって、さらに先の人が帰ってからまた戻って話を聞く・・・みたいな。みんな揃ってから案内してほしかった。

2つめは、徒歩15分ほど。車通りの多い大通りを渡っていく場所で、老人施設などと並んでいる保育園。私がここで働いて、娘をここの保育園に入れられたらそれはそれはラッキーなんでしょうけど、そんな夢のような話はないんですよ、実際は(でも引っ越す前には同じ並びにある特養でパートの募集があって、実は狙っていたのだけど引っ越した後にはもうなくなっていたのだ・・・)。
見学に来ていた方は5人ほど。入口が分かり辛くて、たぶんここだろうなと思われる場所にひとり子供を連れた方がいたので、「ここ入口ですか?」と聞いたらその方も見学に来ていた人で同じく迷っていたようでした。そうこうしているうちに迷いながら辿り着いた方々が集まったのでとりあえずみんなでそこから入ってみました(利用者じゃないから、勝手に鍵を開けて入るのに抵抗があるんだよね・・・)。まぁ、入口はそこで正解でしたけど。
案内してくれたのは園長さん。建物は2階建てで、保育園自体は2階、1階はデイサービスっぽかった。最初に0歳1歳時室を見せてもらいました。0歳児がちょうどおやつの時間で、娘はそれに釘づけで、なんなら走って行って奪いそうな勢いだったのでがっちり止めに入ったら「いいわよ、大丈夫ですよ」と声をかけられた。手を離すと、あちこちにあるシールに反応したり(みっひー!くまー!と全部叫ぶ)、絵本コーナーに走って行ったり。他のお母さんたちは抱っこ紐メインだったので、見学隊の中ではうちの子が一番年上のようでした。でも本当に落ち着きがなくて、1歳児室にいた子のお行儀の良さに驚愕。
園庭はないけど、老人施設との間に芝生の広場があって、そこで遊んだり運動会もそこでするのだそう。月齢が低いうちは、その子のペースに合わせて動きますという説明でした。あと病時保育の説明とかも丁寧にしてくれて、園長先生の好感度は高かった。そう言えば、たまたま今日保育参観だった人がいて、1歳児室をコソコソ覗いているお母さんに「これが噂の参観!」と思いました(笑) 

0歳1歳から集団の中で生活していると、やはりその中でないと生まれない感情とかもあるだろうし、何より「自分でやる」気持ちが大きい気がする。本当に、子供なりに社会に出ているというか。同い年でもこんなに違うもの?うちの子は何にもできないし、やろうという気持ちがないな・・・と痛感すると同時に、それは一緒にいる私がそうさせているんだなと思うと、とてもどんよりした気持ちになる。娘がもし2歳で保育園という名の社会にデビューすることになったら、どうなってしまうんだろう・・・とすごく不安になったり。保育園の見学に行けば行くほど、私は落ち込んでいっている気がする。そりゃあ保育士さんは保育のプロだろうし、その中で育つ子供と比べるのは間違っていると自分でも分かっているのだけど、あのくらいできないといけない年齢なんだろうか・・・うちは全然できてない、と思うと変な焦りを感じるというか。そんな気持ちでいると、娘に「自分でやりなさい!」とか言っちゃうし。元々成長のペースがゆっくりの娘に、急にやれと言ってできるわけもないのに。自分がとっても嫌になる。

体験も含めて3ヶ所見てきたのだけど、どこもそれぞれ特色が違うし、雰囲気も違う。徒歩だと難しいけど、車でなら行ける保育園も見ておいた方がいいかな・・・。娘が楽しんで行けるのはどういうタイプの保育園なんだろうなーと、とりあえずはそこを考えてみようかなと思っています。あとは私の就職ですけどね・・・。

◇◇◇

追記。
これを書いた後、いつもの支援センターに行ったら、なんだか自分のトゲトゲがなくなった気がした。同い年の子だけじゃなくて、0歳から3歳までの子が同じ場所で自由に遊んでいるから、娘っこの成長がゆっくりでも気にならないというか、職員の方からも「○○できるようになったねー」とか言ってもらえて、娘なりの成長を受け入れてもらえる場所が今はここなんだなぁと改めて思った次第。帰りは2人でニコニコ帰って来られてよかった。あんまり娘に指示するのはやめよう。一緒にゆっくりやっていこう・・・(と自分に言い聞かせる!)。