ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

わたしもスタート。

娘が保育園に行くようになり、いよいよ自分も本気で就職せねば!と思い、この時間であれば働けるなと思うところに面接に行ってきました。

仕事内容は今までと同じく老人介護。最初は自宅からすぐの通所施設に伺って施設見学もさせてもらったのだけど、どうしてもこれだけは自信がないという仕事があって、面接後も「もし採用されたらどうしよう」という不安に襲われて、採用されて困ると思うくらいなら正直に言えばいいと夫にも言われ、申し訳ないと思いつつ応募を取り下げてもらいました。その仕事がなければどうですか?と逆に聞かれたけど、でも自分だけがそれをしないというのは申し訳ないので思い切って辞退させて頂きました・・・。
そのあと入所施設の求人があったので、心惹かれてそちらに。実は以前パートでお世話になった施設と同じ法人で、施設自体も並んで建っているのです。職員駐車場も同じだし、一緒に働いた方々と顔を合わせる確率は高いな・・・と思いつつ、でもクビ!と言われて辞めたわけではない(不妊治療のために辞めた)ので、そこは気持ちを切り替えようと思い面接へ。思いの外、正社員で一番長く働いた秋田の施設について聞かれたり、ストレス発散方法は?とか、自分はどんなキャラクターだと思いますか?とか「ザ、面接!」な感じに少々戸惑う。でも今一番のカギとなるのは娘なので、娘の保育園利用時間と自分の勤務時間、土日勤務についてなどはきちんと話せた。施設見学もさせてもらったのだけど、なんとなく自分には合っているような気がして働いてみたいなぁと思えました。

そして次の日には採用のお電話を頂き、なんとか仕事が決まった!というところです。夫も出張があったりと相変わらず不規則なので、娘が小さいうちは週4日で働くことになりました。

そのあと、何気なく保育園のお迎えに行ったら同じ2歳児クラスに4月から通っている子のお母さんに声をかけられて、聞いたらその方もそこで働いているということが判明。「この前見学に来てましたよね?」と私が見学しているところを目撃したようでした。思いがけないところに同僚となる人がいました。世の中狭い。

で、今日は入職前の健康診断に行って、帰りに書類などを受け取りに職場に寄ったら、以前の施設でお世話になった介護長さんと相談員さんがいて、「お元気そうで!今度はこちらでよろしくー」と声をかけられました。どうやら異動されてきた様子。影が薄いタイプなので誰も覚えていないだろうと思っていたのだけど、完全に忘れられてはいなかったようです・・・。

◇◇◇

本当は保育園も仕事も歩いて行ける範囲で探していたのです。それはこの冬のように大雪になったりするとマンションの駐車場(機械)が動かなくなって車が出せなくなるから。でもそんなことは年に1〜2回起こるか起こらないか分からないことだし、それにこだわっていたら何にもできないなぁ・・・と思って、探す範囲をぐっと広げたら保育園も決まって、仕事も見つかりました。車に頼って生活しているから、それができなくなったらどうしようという不安はついて回るけど、そうなった時はその時考えようと。極端な話、1年の半分以上はちゃんと通える!と考え方をくるっと変えてみたら前に進めた気がします。

出勤初日までまだ1週間あるけど、これから始まる怒涛の生活に備えて少しゆっくりしようかなぁ・・・(といっても、ひとりでいると何をしていいのか分からなくて時間を持て余すんですけどね)。