ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

相模原ふれあい科学館。

世の中夏休みで、どこへ行っても混んでいる中、我が家も珍しくお出かけ。普段娘と出かける機会があまりない夫。今日はパパとお出かけだよーと言うと「やったーやったー!」と小躍り気味で喜んでおりました。

うちから車で1時間。以前友達に「川魚メインだけど子供には十分な水族館だよ」と聞いた相模原ふれあい科学館。開館して30分も経たない時間に到着したのに、満車の駐車場もあるくらいの混雑ぶり。でも混雑していたのは館内というよりは水場がある外。木陰にテントがいくつも張ってあって、子供たちは水場に入って遊んでいるという、ちょっとしたプール状態でした・・・。

娘は去年の夏、秋田で水族館に行ったのだけど、その時よりは反応がいいかなぁ?と少し期待していたのに、本物の魚にはあまり食いつきませんでした。


最初は「さかなさんだねー」と見ていたけど・・・


ハンドルをぐるぐる回すのにハマったり、


ボタンを押しまくったり、


パネルのおたまじゃくしに興味津々。

餌やり体験も覗いてみたけど、餌に集まってくる魚の多さに引いたようで「こわい」と言ってあまり近づきませんでした。

帰りに近くの親戚宅にお邪魔してお昼ご飯を頂いたり、1歳2ヶ月の子と戯れたり。今日楽しかった?と娘に聞いたら「パパとー、ママとー、おさかな見に行ったね!」「楽しかったねー」と言ってくれたので、親としてはよかったなぁとひと安心。なかなか家族3人で出かけることがないので、行けてよかったです。