読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

ヘルパンギーナ。

夫は仕事、娘も保育園、私はお休み〜、あれこれ用事を足したらカフェにでも行っちゃおうかな〜と前日から計画を練っていた日。娘を保育園に預けて、そのままスタンド寄って買い物に行こうとしたら電話が。保育園から「今熱測ったら39.4℃ありまして・・・」。うそでしょーう!? 登園から30分もしないうちに来た道を戻ってお迎え。迎えに行った時には39.8℃まで上昇。小児科直行コースでした。

咳も鼻水もなく、突然の高熱。ヘルパンギーナかなー?と喉を診た先生。喉は真っ赤だったらしく、合併症には髄膜炎があること、嘔吐したら点滴ねーと説明され、抗生剤と解熱剤をもらって帰宅。

それでも熱が39℃台でぐったりしていたのはこの日だけ。食欲もいつもよりはなく(プリンは食べる!と催促された)、水分もゴクゴク飲まずに少しずつ飲んでいる感じだったので、やはり喉が痛かったのでしょう。喉にブツブツがあるとは言われなかったけど、歯みがきついでに奥の方を見たらブツブツがありました・・・。

解熱剤で熱が37℃台になった娘はそれでも少し元気がなく、すぐに布団に横になる状態で2日目を過ごし、3日目には熱も36℃台。よく寝た反動なのか今度は元気が有り余っている感じで叫んだりおもちゃを全部ひっくり返したり。ご飯も食べるし水分も飲む。もう保育園行っておくれよ・・・というくらいの回復。

そんなわけで無事に復活。今後いろんな感染症にかかるんだろうなーと思うと、今から「仕事休んですみません」という気持ちでいっぱい。