ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

褒める育児。

もうすぐ2歳10ヶ月になる娘。魔の2歳児ももうすぐ終わり・・・だといいなぁと心から願っているのだけど。そうはいかないよね、きっと、いや絶対。まだしばらく続くよね、と諦め気味の母。

最近いつも購入している雑誌。

今号には尾木ままさんのインタビューが載っていました。『言葉で伝わらないものが、たたいて伝わるわけがない。』とおっしゃっていました。分かってるんです、怒鳴ったりしても怖いとかそういうその場だけの感情しか残らないんだろうなって。褒めてあげたら本人も私も気持ちがいいことも分かっている。私だって褒められて伸びるタイプだし(もう伸びるところもないけど・・・)。

でも言葉で「こうしてみよう」とか「一緒にやろう」って言っても頑なに拒否したり更に騒ぎ出す人に対してどうしていいのか分からない現実。少し放置したら落ち着く時もあるからそうしたい時もあるけど、自宅以外の場所だとそうもいっていられない。

以前支援センターで「よその子に対しては"今だけだよ、心配いらないよ"って思えるけど、自分の子になるとそう思えないんだよね」って言われて、そうだなって思ったことがある。

叱る人がいたらフォローする人がいる。それが理想。だけど、我が家は夫の帰宅も遅い。私が叱ったら、フォローする人は私しかいない。けど、そんなすぐに切り替えなんかできない。私と娘の2人で感情のぶつけ合いになるだけで、お互いに疲れてしまうのが悲しいけど現状。いつも眠った娘に「ごめんね」と思う。

トイレでできていたこともできなくなったり、未だ半分くらいは手づかみ状態で食事をしていたり、そんな風になっているのはすべて自分の関わり方がよくないせいなんじゃないかと、いくらでもマイナスに考えることができる。

そのうち、このマイナスのトンネルを出ることができたら、次のトンネルが来るまでの間、少しでいいから穏やかに過ごしたい。

とりあえず、私ひとりで友達と会う予定が3つくらいできたので、そこで息抜きしようと思います。