読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

保育園の運動会。肉フェス。

10月最後の土曜日。初めての運動会に行ってきました。2歳児は、徒競走、障害物競走、おゆうぎ、玉入れに参加。

徒競走は思っていた通りに、よーいドン!と言われても後ろを向いて走ろうとせず、先生に背中を押されてやっと走り出しました。障害物は、今現在生活の中でやっていることを取り入れていて、Tシャツを着る、型を選んではめる、ボールを持って走る、だったのだけど、とりあえずTシャツが若干小さめだったので最初から苦戦していました。競技で使うと知っていたらもっと余裕のあるTシャツを準備したのに!と母は悔やみましたよ・・・すまん、娘。最後は案の定ボールを持たずにゴールに向かい、みんなに「ボールボール!」と言われておりました。おゆうぎは好きなので問題なくできていたと思う(膝は曲がっていなかったけど。ヒザ神なの?)。玉入れも、曲が流れている時は踊って、曲が止まったら玉を拾ってカゴに入れる競技だったのに、娘は1つも玉を入れることなく踊っているだけでした。とりあえず曲が始まったら踊りだす姿に親は笑うしかありませんでしたが。親子競技でヨーヨーつりがあったので、珍しくお休みが取れて参加できた夫に行ってもらいました。もうお昼近かったので、娘は「ねむい」と言い出し、全然やる気もなくなっておりましたが。。。

そんな感じで、初めての運動会は気持ちのいい秋晴れの中、無事に終わったのでした。大きい組の子は、縄跳びしたり、組体操したり、応援合戦したりと大忙しで(合間に先生たちのお手伝いもしていた)、娘は果たしてできるようになるのだろうか・・・と不安も覚えましたが、泣いて親から離れなかった5月の遠足に比べたら、泣かずにちゃんとみんなと一緒にいられるようになっただけでも成長だよね、と思うことにしました。お疲れさま。

◇◇◇

次の日。立川でやっている「肉フェス」を覗きに行ってきました。まんパクと同じ会場だけど、入場料がいらないのでふらりと。日曜日ということもあってやはり長蛇の列が多く、買い出しは夫に任せて、私は娘とシートを広げてまったり。夫もまんパクの時ほどお目当てのものがなかったようで、「とりあえずあまり並ばなくても買えるところで買ってきた」と5種類くらい買って来てくれました。中でも、トーゴ共和国のアシンデンという料理が意外に美味しく、ちょっと満足できました。