ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

祖母とのお別れ。

7月16日。バンプのライブに行く予定だった朝、母から祖母が亡くなったとの連絡があり、急遽夫と娘と3人で秋田に帰省しました。(一緒にライブに行く予定だった友達には本当に申し訳なかった・・・けど、友達は無事に楽しめたようでひと安心)

前日、施設(祖母は特養入所中でした)の職員から「泊まりますか」と聞かれた父は、そのまま施設に泊まり、朝方看取ったようでした。

95歳でした。私は父母が仕事をしていたので、保育園の送り迎えから祖母のお世話になり、祖母の作るごはんで育ったようなものです。旅行など外に出ることはなかったけど、パワフルで家事などはきっちりこなす几帳面な祖母でした。

大きな病気はしたことがなく、認知症の進行で徐々に徐々に寝たきりになっていきました。母の記憶に寄れば「認知症のはじまりは、あなた(私)がうちを出た頃だと思う」とのこと。私は高校を卒業してすぐ就職し、ひとり暮らしとなったので、その頃から認知症を発症したと考えると、もう20年になります。20年の間、父と母は介護を続けてきたことになります。特養に入所したのは3年ほど前なので、それまではデイを利用しながら自宅で介護をしていました。主な介護は父がしていたけれど、母も頑張ったと思います。普通であればもうとっくの昔に施設入所の相談をしてもおかしくない状態だったので、本当に父母には頭が上がりません(そういう相談を受ける仕事を私はしていたので、特に思うのかもしれません)。

17日に、集まった親族みんなで棺に入れ、火葬を行いました。こういった一連の流れに参加したのは初めてだったけれど(祖父が亡くなったのは小1くらいの時だったので、正直あまり覚えていません)、本当にみんな穏やかな気持ちで見送れたと思います。父も最後までやりきったような、そんな感じでした。

葬儀は19日に行われ、私たち親子はそのまま東京に向けて出発。車での往復、ずっと運転してくれた夫には感謝です(途中2~3回休みながらで、片道9時間はかかりました・・・)。

合間の18日は、娘が退屈するだろうと伯母が畑に誘ってくれ、娘はじゃがいもやナス、きゅうり、いんげんなどの収穫を体験しました。

f:id:mtayk:20160721213902j:plain

「よーし、いっぱい採るぞー」とやる気満々で頑張っていました(笑)

思えば、今まで親子3人で自宅以外に泊まるということがなかったので、娘にとってはパパとお出かけした!という感じだったかもしれません。こんな時でないと3人で出かけられないのも悲しいですが、夫が休みの日だったからこそすぐに秋田に向かえたので、祖母の計らい?とも思ったり・・・。

娘も4歳なりに、「おっきいばあば(祖母のこと)、もうプリン食べられないんだね・・・」と、もう動かないということを察しているようでした。(5月に帰省した時に私が介助でプリンを食べさせたのを覚えていた様子) また9月に帰省予定なので(私と娘のみですが)、その時はお墓参りに行こうと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 三人暮らしへ にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ