読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

発達相談に行ってきました。

年長になってから、「あと1年で小学生」と思うといろんなことが不安になり、一度発達相談に行こうと思っていました。先日、電話で娘の気になる点を話したら、本人を連れて来て改めて面談しましょうということになり、行ってきました。

心理士さんが2人担当して下さり、ひとりが娘と遊んでいる間に私がもうひとりの方と話をし、途中から娘があれこれ質問に答え(なぞなぞするよー、と言われて答えていた)、娘の自然な感じを見てもらいました。気になっている階段昇降の様子も何気なく見てもらえました。 

心理士さんからは、話を聞いた段階では「水」「揺れ」が苦手なのかな、ということでした。すべり台も、滑り下りるところが苦手なので、身体のバランスが崩れることが苦手なのでしょう、ということ。

とりあえず、もっと詳しく様子を見て、どんな支援が必要なのかを見てもらうことにしました。娘がどんなタイプか(全体的に発達がゆっくりなのか、それともピンポイントで何かに過剰なのか、鈍感なのか)によって、身体のバランスを整えるための指導を行うのか(トランポリンで跳ねながらボールを投げるとか)、手先を使うことへの指導を行うのか(ハサミを使うとか)、支援の方向性を見極めないといけないとのことで、細かいチェック表を渡され、次回持って来て下さいと言われてこの日は終了。

チェック表をつけてみたけど、「動きを感じる感覚(前庭感覚)」の項目にチェックが多くつきました。今思えば、小さい時からボールプールに入ろうとしなかったり(入ってもお風呂みたいに入っているだけ・笑)、義兄がやってくれる高い高いとかもあまり好きではなかったのも、足元が不安定だったり、身体が不安定になるのが嫌だったんだろうなぁ・・・、といろんなことを「そうだったんだ」と改めて思ったり。

◇◇◇

「指導が必要かどうか、判定結果が出たら連絡しますね」と言われていたのだけど、昨日電話が来て、「判定通りました」との結果でした。必ず通ってください!というものではないのだけど、この際なのでうちは指導を受けようと思っています。娘も「なんで行くの?」とは思っていないようで、「どうやったら上手になるか教えてくれるんだよ」と言うと「行きたい!」と言うので、その点はよかったかなと思います。

◇◇◇

実はピアノの先生からも、基本グループレッスンだけど、娘ちゃんのペースに合わせて行いたいのでしばらくは個人でよいですか?と言われたところでした。やはり、紙の上で確認できたことが実際にピアノを触ってとなるとできないようで。先生には「体得するまでとても時間がかかる子です」とは言っていたのだけど、「今絶対これができないといけない、ということではないので。耳はよくて、聴いたらすぐに覚えて歌えたりするので、得意なところから始めますね」と娘のペースに合わせてのレッスンをして下さるというので、しばらく様子を見ようと思っています。最終的には弾けなくて断念、になるかもしれないけど、「楽しい」と言っている間はお願いするつもりです。

◇◇◇

たぶん、私が小さい頃にもこのような支援があったならば、私も通っていたかもしれないな・・・と思う節もあります。なので、やはり娘を責めることはできないし、一緒に「今できること」を大事にしていかないとなぁと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 三人暮らしへ