ま あ る い 日

トゲトゲの気持ちも 最後にはまあるくなればいい。

発達支援、指導3回目。

娘が指導を受け始めてから、いろいろ調べてみたりしていますが、どれを見ても「そうなんだよなー」と思うことばかりです。感覚統合という言葉を知っていたらなぁ・・・と思ったりもします。

指導3回目のこの日は、先生がホワイトボードに書いた予定を紙に書き写すことから始まりました。①ずけい ②めのうんどう ③びーだまあそび ④さかなとり ⑤なわとび と書くことはできました。

①図形は、点と点を線でつないで同じ形を書くというもの。単純な四角は書けたけど、三角など、斜めに線を書くものは自信がないようで、ずれてしまったものもありました。やはり空間認識も弱い様子。

②目の運動は、向かい合って座った先生が、指人形を左右に動かすのを、顔は動かさないで目だけで追うというもの。これがまたできないという・・・。目が物を追えていないせいで、きっとボール遊びが苦手なんだなと思いました。「ここを見てて」と言っても、視線がずれていたりするのはそのせいなんだと分かりました。

③ビー玉遊びは、机を挟んで向かい合った先生が、娘に方にビー玉を転がす、それを娘がお椀でキャッチするというもの。これも目がビー玉の動きを見ていないとできない。最初娘はお椀を動かすことができていなかったのだけど、やっていくうちに意味が分かったようで(理解して手を動かすことまで時間がかかる・・・)最後は楽しそうにやっていました。

④魚とりは、タイヤがついたボートに身体を乗せて腕の力で進み、床に置いてある魚を取りに行くというもの。

f:id:mtayk:20170625122440j:plain 暗いけど、こんな感じ。

娘は腕の力、手の力が弱いので、自分の身体を支えて進むということが苦手で、これも最初苦戦していました。が、だんだんコツが分かったようで、イスの下をくぐって戻ってきたり、スピードも増していました。

⑤縄跳びは、今回は回す動作の練習。

f:id:mtayk:20170625122927j:plain うまく回ると音が鳴るという代物でぐるぐる。

右手では回せるけど、左手になると回せず、音も鳴らず・・・。右と左では力の入れ方も変わってしまうので、押し相撲などで両手に同じように力を入れる練習もいいかも、とのことでした。

毎回毎回「なるほどなぁ」と思うことがたくさんあります。今回は、目の動きも関わっているということが分かりました。目でものを追うことが苦手なままだと、小学生になった時に板書が苦手になる場合があるようです。

単に「身体を動かす」といっても、本当にいろんな感覚を取り込んで、その上で手や足に力を入れたり、力を抜いたりとバランスをとっているんだなと感じます。自転車も、目で見て回りを確認して、ハンドルで向きを操作し、足でペダルを漕ぐ。実はとても複雑! 娘はそれをひとつひとつクリアしていかないといけない。縄跳びも同じ。ピアノも同じ。

楽しみながら、また次回も行ってきます。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 三人暮らしへ