小学校に入学してからのこと。登下校編。

娘が6歳になったところまで書いて、それっきりになっていました。。。

娘は無事に保育園を卒園し、小学校へ入学。同時に学童クラブにも通い、親から見たら疲れるだろうなぁという日々を過ごしています。

一番心配していた登校についても、7時半にマンションのエントランスに降りると1年生が集まっているので、最近は5~6人でまとまって出発。最初の一週間は6年生が付いていてくれたけど、期間が過ぎてからは1年生だけで行っています。といっても、マンションから出て信号のところまで行けば、他の子たちと合流し、通学路は子供でいっぱい・・・なので、それほど心配はなかったです。とりあえずマンションに1年生がたくさんいたのでよかったです。未だに私ともうひとりのお母さんは信号のところまで見送りに行っていますが、「もう来なくていいよ」と言われるまでは行こうと思っています。(今日も信号までね、と毎日言ってくるので) ちなみに、1年生以外の子達はもう少し遅い時間に出発している様子。学校に着く前には追い付かれているんじゃないかな。

一緒に見送りに行くお母さんと、もうひとり、マンションもクラスも学童も同じ子のお母さんとは連絡先を交換でき、なにか不安があれば「これはこういうことでしょうか?」と確認できるようになり、私としても少し安心。

学童は週に4回利用しています。最初は集団で帰宅することに慣れてもらおうと思い、私の退勤時間を1時間早めて、娘が帰宅する時間には必ず自宅にいるようにしていたのだけど、今は仕事も通常時間にしたので、ほとんど仕事帰りに迎えに行っています。(帰り道なので) まだ鍵を持たせる勇気がなく、娘も玄関のドアを開けるのに手こずるので(ドアが重い)、しばらくはお迎えになりそうです。でも学童がお休みの時はちゃんとお友達と帰ってくるので、そのうちひとりでも平気になるのかな・・・と思います。

一度「学童から集団で帰るのが嫌だ」と言っていたことがあり、一応学童の先生たちにも伝えておいたら、先生も確認してくれたようでした。どうやら2年生の子が「遅い」と娘のランドセルを押したようで、それが嫌だったみたいでした。まあ、靴を履くにも何をするにも時間がかかる娘なので、2年生の気持ちも分かる・・・。歩くのも遅いから「後ろからおねえちゃんたちが追いついたら、お先にどうぞって先に行ってもらえばいいんだよ」と娘には言ってみたけど。

とりあえず、学校や学童に行くのが嫌だということはなく、今日も楽しかった~と帰ってくるので、それだけでもよかったなぁと思っているところです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 三人暮らしへ