学童の面談。

学校の面談とは別に、学童でも希望者には面談しますということだったので希望して行ってきました。

学童の職員さんからは「基本的にお友達と室内で遊んでいることが多いです」「特にお友達とトラブルになるようなこともありません」とのことでした。学童の他に、市で行っている事業もあって、日によってはそちらも利用できるのだけど、娘は今のところ学童で過ごしています。お友達がそっちに行っていても、私も行く!ということはないようで、その時にいるお友達と一緒に遊んでいるようでした。特定の子としか遊ばない、ということもないようで、意外と自分から声をかけているみたいでした。

発達支援に通っていたこともお伝えしておきましたが、特に「こういう場面では大変です」ということも今のところないようで安心しました。

去年、年長になった頃から、手持無沙汰になると部屋の中をウロウロすることが増え、発達支援センターで相談したら「(保育園で)本人なりに頑張っている分、そのストレスを発散しているのかも」と言われたことがありました。保育園でも自由時間には室内をウロウロしていたし、自宅でもウロウロしていたので、学童でも同じなのかな・・・と心配していたのだけど、その件については「そうなんですか?あんまり気になったことはないですけど」と言われました。学童でも特に今はこれをやる時間!というのは決めていなくて、基本的には自分でやることを見つけてやっているようなのだけど、いつも誰かしらと一緒にままごとしたり、絵を描いたり、本を読んだりしているそうで、ひとりでウロウロすることはないようでした。

「宿題もおうちでできていますか?」ということも聞かれました。娘は一応宿題はやっているのだけど、中には帰宅すると疲れ果てて寝ちゃう子も多いようでした。そう言われれば、うちも疲れたとソファに横になることが増えました。もしかしてウロウロが少なくなったのは疲れて果てているからかな(笑)

これからドッジボール大会もあるらしく、一応みんなで参加ということになっているようなのだけど、ドッジボールも怖いという娘。でもお友達と一緒だとなんとなくやるかもしれないし、職員さんには「無理のない範囲で声をかけてもらえれば」とお願いしました。保育園時代とは違う集団の中で、いろいろ経験することも必要かなぁと思っています。

 

 

 にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 三人暮らしへ