発達性協調運動障害。

今まで通っていた発達支援センターから近所の放課後デイを紹介してもらい、秋口に1度面談に行ってきました。1日10人程度で、学校に迎えに来てくれて、帰りは自宅まで送ってくれるというサービスもあり、できれば通わせたいなぁと思い、手続きをしようと動いています。

まずは医師の診断が必要とのことで、これまた近所にできた児童精神科へ。先生には受診に至った経緯を説明し、支援センターでもらっていた指導の評価表なども持参したので、その日のうちに診断書を書いてくれました。

診断名は、「発達性協調運動障害」というもの。そうだろうな、とは思っていたので特に驚きもなく。ADHDもあるのかな、と思うけど、たぶん協調運動障害の方がより強く症状として出ているので、結果としてこれなのかなと。

 

先生にあれこれ説明していると、合間合間に「ファミレスとかでも足をブラブラします?」「忘れ物は多いですか?」「運動会でよーいドンのピストルも怖い?」と質問が。全部その通りです! やはり、こういうタイプの子にはありがちなことなんでしょうね。

 

私は自分の不妊治療の時もそうだったけど、周りの人にも理解してもらいたいと思うタイプなので、娘のことも学校や学童、ピアノの先生にもオープンにしています。ただただ不器用なのではなく、この子自身はとても頑張ろうとしているけどできない、または時間がかかってしまうということを分かってもらいたい、と思うのです。

 

・・・たぶん、親の私も「育て方が悪いのではない」と言ってもらいたいのだと思います。しつけが悪い、親であるあなたがやらせてこなかったからできないのだ、と言われたくない気持ちがあるのは事実です。いくら教えても、練習させてもできないことが多くて、私も娘にきつく当たってしまい、私自身も精神的におかしくなる時があります。なので先生にも「自分が(精神科を)受診しようと思う時があります」と話しました。先生は「いやいや、こんなにお子さんのことを理解しているじゃないですか」と言ってくれて、あぁやっぱり状況が分かる人(医師)に話すと気持ちが違うな、と思いました。今後どん底に落ちたらここに来ればいいんだ、という場所が見つかってよかったです。

 

今度は診断書を市役所に提出し、受給者証をもらわなければ。いろいろ手続きが面倒です・・・。

 

★星野の源氏のツアーのチケットに当選しました!東京ドーム楽しみです。

高校野球熱も冷めやらず。この夏楽しませてくれた子たちの進路を見守るおばちゃんです。吉田くんと柿木くんが同じチームというのも楽しみだし、藤原くんと(明桜)山口くんが、成田くん(秋田商→ロッテ)の後輩になるのもまた楽しみ。・・・いつか野球観戦に行ってしまいそうな勢い。。。

野球熱の合間に、駅伝も熱い時期になりまして。湊谷くんと松尾くん(共に秋田出身)がいるというのもありますが、東海大を応援しております(元々贔屓のチームは特にないのですが、東洋と東海はなんか応援しちゃう!)。