自転車の練習その1。補助輪つき。

保育園の年長時に、「ペダルを漕ぐ」という動作ができなかった娘。それきっかけで発達支援に相談、感覚の受け取り方に偏りがあるということが分かり、小1で発達性協調運動障害という診断を受けました。

そんな娘の自転車練習を記録しておこうかな、と思います。

***

ペダルを漕ぐことができたのは案外すぐ(年長の春くらい)でしたが、本当に「漕ぐ」ことだけでした。ハンドルの操作ができるようになったのはだいぶあと(秋くらい)。

娘を見ていて、自転車って本当にいろんな動作が組み合わさっているんだなと思いました。足を動かす、目で安全を確認する、手で自転車を操作する。その上、スピードの調整もしなくてはいけない。

「協調運動」が苦手な娘にとっては、足をペダルに乗せたまま、片足ずつ力を入れる、というだけでも大変なことだったのだと思います。このタイプの子でなければ、すぐに身体を思い通りに動かせるのだろうけど、思い通りにできないもどかしさは本人が一番辛いところなのかもなぁ、と思います。

小学校に入ってからは、いつも行っている交通公園にも慣れて、だんだんひとりで公園内を周れるようになりました。もちろん補助輪はついています。スピードは全然出せないけど、周りを見て、危ないと思ったら止まることもできるようになったし、S字やクランクもひとりで運転できるようになり、本人も「楽しい」と言いながら乗っていました。

でも、自転車を押して歩くことができませんでした。ペダルに足がぶつかる、両手でハンドルを持ってはいるけど、自分が横に立って動かすことができない。説明するにもどうやって教えたらいいのか、こちらも悩みます・・・。こうだよってやって見せても、力の入れ具合が分からないようで、引きずって動かそうとしたり。根気よく付き合うしかないと分かっていても、私たち親も教えるプロではないから、本当に悩みながらやっている状態です。

 

次の段階として選んだのはストライダー。ペダルがついていないもので、バランスをとれるようになろう、ということで。それについては、その2で書きます。