放課後等デイサービス開始。

小1の秋頃から見学に行ったり、児童精神科受診したり、体験に行ったり・・・と、放課後デイに通うためにいろいろ動いてきましたが、やっと2月から週1で通い出しています。

 


娘の場合、「身体を動かす時間がある」というのが私と夫の中ではポイントで、通い始めたデイでは、【運動あそび】【静かな活動】という時間があるようです。

大げさな運動は一切なく、例えばチームに分かれてケンケンパで進んでじゃんけんをするとか、並べた紐を踏まないようにジャンプするとか、至ってシンプルなもの。娘も体育とは違う「遊び」の中で楽しく身体を動かせているようです。

ついでに、静かな活動では、学校の宿題もやってくるので帰宅後バタバタしなくても済むのもまた助かります。

職員さんが学校に迎えに来てくれるのだけど、同じ学年の子と同じ曜日に通っていることが分かり、学童とはまた違う場所でお友達と一緒というのが楽しいようです。

 

初日だけ、学校から出発する際に同席して下さいと言われていたので、私も学校に行きました。何時に授業が終わって、何時頃には下校するという時間を職員さんに伝えていたので、その時間に合わせて迎えに来てくれました。

毎回の約束として、「1年生の玄関に(デイの)先生がいたらそこから一緒に行く」「もし玄関に先生がいなかったら、〇〇の前で待っていること」と説明された娘。そのあと、「今約束したこと言えますか?」と確認もしてくれました。

学校の教室とは違い、少ない人数だし、苦手なことも分かった上で対応してくれているようなので、娘の不安も少ないのではないかと思います。毎回帰ってくると「今日はこんなことやったんだー」と教えてくれるので、楽しく通えているようです。

 

私はどうしてもイライラガミガミしてしまうので、「やったね」「できたね」と褒めてくれる存在も必要な気がしていて、それをデイに求めているところでもあります・・・。周りに頼ってばかりだけど、娘が楽しく通えるならいいかなと思って、しばらく様子を見てみるつもりです。

 

***

今月末、お源さんのライブに行ってきます。楽しみです。これが終わってしまったら、何を楽しみに生活したらいいのでしょう・・・。

懲りずに大学駅伝と野球(去年の夏から引き続き、吉田くんとか藤原くんの情報を求める毎日)から元気をもらおうと思います(笑)

 

 

 

 

 

アヤコ (@mtayk) | Twitter